過食嘔吐していた事。悪影響編。

摂食障害
スポンサーリンク

吐くために、よりたくさん食べるようになった

美味しさとか通り越して、

胃に詰め込む感覚

中途半端な食べ過ぎくらいじゃ、

うまく吐けない。

マーライオン状態を狙うわけです。

こんな事考えてたなんて、本当怖い

そのうち、指でスムーズに吐けるようになった。

過食嘔吐のやり方なんてググればワンサカ出てきた。

底(吐き切った時に目印になる)とか、

滑りをよくする納豆とかネバネバ系を入れるとか、

知識もついて、吐くために吐きやすいものを大量に買い込む。

そのうちチューブを買って突っ込んでみたり、

(痛くてうまくいかなかった・・)

本当、異常行動です。

週2~3日は衝動に駆られ、過食嘔吐していました。

顔がパンパンなんてことも日常。

それでも、お菓子や菓子パンが辞められなかった。

体に悪いもののオンパレード。

普段はご飯を抜いたり厳格に制限しようとするせいで、

反動が来て食欲の暴走が止められない。

吐きだこもできていた。

そんな状況が5~6年は続いていました。

新人ナースのストレスや、

クソ男に関わっていたせいで、メンタル不安定ってのも大きかった。

結局、自分の自信のなさ

食べたらダメ・太ったらいけなという、

昔からの根強い思

本当に幼少期にそういった事で傷ついた人って、

過食嘔吐を発症しやすいようです。

子どもへの声かけ対応には、十分注意したいですね。

過食嘔吐の悪影響ってのは本当凄まじい。

過食嘔吐(自己誘発による嘔吐)の悪影響

・逆流性食道炎のリスク(吐こうとしてないのに上がってくる感じ)

・胃酸による食道や歯への影響

・血糖値の急上昇・下降による心・血管リスク

・食欲のコントロールが効かなくなる・・・など

とにかくググってみてください。数えきれない。

早めに治療しなければならない

過食嘔吐は、精神の病気なんです。

私は精神科通院もしました。

向精神薬も、漢方も飲みました。デパスとかその辺。

精神科の先生が、

胃が、バカになってるねえ〜。」

って言ったのは、一生忘れることがないですw

本当その通り。w

薬物療法の始まり。

結論、内服では過食嘔吐を辞められなかったです。

向精神薬の内服はただ、ボ〜ッとして

頭を麻痺させている様な感覚

辛いこと、なんかどうでも良くなるけれど、

大事なことも、どうでも良くなっちゃう様な・・・

絶対だめじゃん!!!!!!!w

生きていて、死んでる様な・・・

死んだ時間を過ごしている様な・・・。

もちろん、向精神薬飲んで働いている新人ナース。

様子がおかしいのは一目瞭然です。

その怖さに気づき、定期内服をすぐに頓用(辛い時に内服)

に自己判断で切り替えました。

※用法を変更したい場合本来は医師に相談が必要です。

その後、薬を飲むことはなくなりましたが、

過食嘔吐は治りませんでした。

今現在は、内服も何もしていません。

過食嘔吐は一応克服しているかなってところです。

なぜなら、頭にまだ「食べすぎたら吐けばいいかな・・」ってよぎる時がある。

でも吐く行為には至らなくなりました。

過食嘔吐、克服編は次回(°▽°)

摂食障害
スポンサーリンク
シェアする
アラフォーシングルマザーで看護師で自由人な生き方ブログ。
タイトルとURLをコピーしました