看護師として消耗し続けますか?看護師辞めたくなった時の転職抜け道探し。

転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【バリバリナース】か【一応ナース】か。

こんにちはー!!!!!

今日もシンママ世界の幸せを願って止まない

【一応ナースのわたしです( ˙-˙ )

前澤さん、そろそろ私に10万円くれても良いんですよ・・・・・・

みなさん、それぞれに看護師になりたいという希望を胸に

看護師になったと思います。

でも、必ず到来する

看護師辞めたいと思い悩む時期・・・

私も何度となく経験し、

何度も転職し、今に至ります。

一応看護師は続けていますが、

バリバリナースさんのようなキャリアアップも望んでいない

Drヘリに乗りたい!!みたいな意気込みもなく

このままフェイドアウトしていきたいなと考えています。

わし
わし

でも、看護師の仕事はきらいじゃないんです。患者さんとか入居者さんに感謝されるなんて、本当良い職種だなと思ってます。一応!!!

バリバリナースしたいという方は、

その元気とやる気で頑張るべきと思いますね!!

せっかく取得した素晴らしい資格なんですから。

ただ、私の様に食べていくためだけの目的で【一応ナース】をしている方は

消耗せずに生きる道もあるので、

参考までに書きたいなと思います。

1日3時間労働の正社員ナースという方法。

私の現在の働き方です。

正式には、17時〜翌日9時までの時間で

夜勤専従ナースで月10〜11回勤務しています。

正式には、夜勤1回は日勤にすると2日分働いていますので

16時間労働の計算になります。

正社員だと、この決められた時間は働かないとならないって感じですよね。

あれ、計算が合わない?

合うんですw

というのも、施設の看護師なので

医療行為はほぼなし

処置関係は出勤後約3時間程度で終了し、

その後は一応、待機。(何かあった際は呼ばれます)

寝たけりゃ20時から寝れます。

そして何もなければ朝5時から業務開始、最大9時間睡眠

朝は2時間くらいで胃ろう栄養やインスリン注射など終わるので、

明けは2時間労働ってところですね。

はい、1夜勤で実質働いているのは5〜6時間ということになります。

夜勤と言えど、寝れなかったことは無いです。

家にいた方が色々作業して寝るのが夜中になり寝不足かも。

なので、夜勤専従なのに、体が本当に楽です。

世の中、寝れる夜勤があるという事実。

現在の施設に来る前は、

別の施設で月7−8回の夜勤と、5回くらい日勤をしていました。

その施設での夜勤は仮眠できて1時間くらいという、

超ハードな環境。

深夜、トイレに行きたいとコールは頻回に鳴り

その都度介助。

介護さんの休憩中は介護職ももちろんやります。

明けには廃人の完成だっ

老健だったので、割と医療に近い方も多く本当に大変でした。

何より、夜勤で寝れない状況の弊害は本当に大きいんですよね。

明けの変なテンション、眠いのに寝れない

体がとにかくこわい・・・・・w

私は日勤のバタバタがきらいで、

日中は自分のやりたいことに時間を費やしたかったので

夜勤専従という働き方をするようになりました。

でも、夜勤で消耗してたら元も子もないですよね。

この施設は1年経たずに辞めました。

上司も意味不明な人だったので、未来はないなと即判断w

その時の転職で、現在の寝れる夜勤を発見して転職しました。

大成功やないか!!!!

ただ、給料は下がりました

そんなもんですよ。

楽な仕事は給料安い、世の中そういう風にできてるんです。

でも、自分の時間と元気な体

なんでもできる!!

時間を得られた分、どんどんBLOGもWEBデザインも動画編集もやりたいことができるんです。

そう、副業すればいい!!!

やりたくないことは、どんどん手放し

好きなことで時間を埋めていく。

息子が成人したら、私は旅にでる!!!

我慢して働き続けてたら、

病気になりますよ・・・

老後のためって退職金目当てに無理して働き続けて、

もらえる時になったら体がもうボロボロで動く元気もない・・・

なんのために働いてきたんだ・・って話になるじゃないですか。

こんな夜勤ができちゃう施設も世の中にはあるので、

ぜひ探してみてくださいw

今をとるか、老後をとるか問題。

・・・・今でしょ!!!!!w

いや、最近思うんですが・・・・老後が来るとも限らない・・・。

明日しぬかもしれない・・・。

なら好きなことをやる

生きている中で一番若い、今しかできないことを!!

ご清聴ありがとうございましたw

さて、私は夜勤中にHP作成して、

BLOG書いて、もう少しで帰ります。

有意義な1日を積み重ねたいですね♫

タイトルとURLをコピーしました