看護実習衝撃編。

看護師怖い 看護師になる
スポンサーリンク

<無視・冷たい態度の指導者>

これが一番、最低ですよね。

口うるさくても、ちゃんと教えてくれる方がよっぽどマシ。w

無視とかって態度は、看護学生としてではなく一人の人間として存在を認められていないような思いになる・・・・。

忙しい業務の中で、実習指導者もしているのはわかるけれど。

もう、とにかく酷い看護師がいましたよ。

まず先に言っておきますが、

空気読めないタイミングで指導者に近づくのは絶対タブーですw

忙しそうなタイミングを外すとか、報告や相談の機会を学生は見計らっているんです。

その様子に気づきながら、あえての無視

って指導者は多い

空気読んでこいよってオーラを出しながら、仕事してる

実習時間ギリギリまでタイミングを悩みに悩んで、やっと次回の目標とかを指導者に相談できても、「なんでこんなギリギリの時間になったんだ」とか(お前のせいだ。w)責められる

考えたこと全てに、「なんで?」「そんなんでいいの?」みたいなツッコミを入れ続ける。

そう思ったとしても、言い方よw

学生の考えられる事なんて、限られてるのに。

学ぶために実習に来てるのに冷たい態度で責められるんですから。

患者さんのためにって、一生懸命考えたんだから、

じゃあ、ここはこうしたらどうだろう?というアドバイスをぜひ頂きたい。w

まあ、無視したりってそういう看護師がいる病棟は、大体そういう人で溢れています。w

よって、トップ(師長)もくそ

この時の悲劇は、学校の先生も割とクソだったこと。

学生を守る気ゼロ。

指導者と一緒になって学生を責める。

結果。クソみたいな実習でしたw

でも、よっぽど酷い内容で無ければなんとかなります

何を言われようと、諦めないで!!

抜け道が必ずある。間違いない。

そう、これをしたらNG!てのは、決まっています

患者さんに影響があることをしちゃうのが一番ダメ。

具体的には、

・点滴の滴下、勝手に一人で触って変える等、直接の医療行為にあたるものを勝手に学生一人で行う(滴下速度が患者さんの身体に影響を及ぼします。絶対触ってはいけません。)

・患者さんに直接の悪影響を与えた。(勝手に歩かせて転倒、骨折させた等)

・記録を提出しない。

・遅刻の連発など、態度面。(技術・知識・態度が全て重要

ということは、

患者さんのご安全を守るが一番大切

何をするときも、「患者さんに○○を行いたいと思います。」と指導者に相談しましょう

その時、どうしてそう考えたかという根拠とともに伝えれば、冷たいツッコミを受ける確率は減るでしょう・・・

ホウレンソウ!!!報告・連絡・相談うざいくらいw

看護学生のうちは、ほぼ一人で動かないことですね。

この辺は、

何が出来ない・やってはいけない行為か。

学生は単体でできることは何か。ということを実習前のオリエンテーションで教えてくれますので、遵守しましょう

結局、

くそみたいな指導者でも実習は乗り越えられます(°▽°)

うまく乗り越えよう❤︎詳細編は、また別記事で・・・♫w

看護師になる
スポンサーリンク
シェアする
アラフォーシングルマザーで看護師で自由人な生き方ブログ。
タイトルとURLをコピーしました