北海道の短い夏は終わりました。寒い件と、最近学んだ認知症介護のお話し。

雑談
スポンサーリンク

ああああああああ!!!!!寒い。

あんなに暑い暑いいってたのにですよ、北海道マジックですよね。まさに。

ストーブつけようか迷いましたもん。

そこはぐっとこらえて、厚着。そりゃそうだ。

スポンサーリンク

認知症介護、「ご飯食べていない。」にやりがちな対応。

効果ないとわかっているんですが、「もう食べたよ〜」とか、「ほらみんな食べたっていってるよ〜」とか、そんな対応しちゃうんですよね。

実際食べたお皿を見せるとか、食べていた写真を見せるとかそんな対応もありますが、認知症高齢者には効果薄いんです。

「忘れちゃったんですね〜」とか事実を述べちゃうわけですが、忘れている自覚がない上で「忘れている」なんて言われたら、「そんなことない!!」って腹が立ちますよね。

やりがち効果なし対応
  • 食べた事実を伝える→ 納得するわけなし。
  • 周囲の人も含めて一緒に説明 → 納得するわけなし。
  • 証拠を見せる→ 「私のじゃない!!」「私じゃない!!」 →  効果なし。

効果のあった対応。

二大効果あり対応
  • 「今、一生懸命作っているところですよ!」 → 「ああ、そうか。」→納得 
  • 「お腹が空きましたか?お腹が空いたら食べましょうか(°▽°)」→「空いてない」→納得

結局、認知症高齢者を尊重して関わることが大切ということですよね。

忘れている自覚がないのに「忘れている」と言われれば、不安になったり怒りがこみ上げたり不安定にもなります。

認知症看護・・・・奥が深いです。いろんな施設の看護師・介護士をみてきましたが、本当に酷い・・・対応をされている方もいました。

まあ、特に介護は低収入で3Kの大変なお仕事ですからイライラしちゃう気持ちもわかる・・・。

とはいえ、うまい付き合い方を学んでお互い気持ちよく生活していきたいものです。

では、これから課題を一気に進めます!!!

現場からは以上です!!!!

北海道は寒いですが、まだまだ猛暑の地域もあるようで・・・体調管理に引き続きご注意くださいね!!!

 

タイトルとURLをコピーしました