シンママ。一人で生きると決めたら!!

看護師になる
スポンサーリンク

私が一人で生きることを決めたのは・・21歳。早っ。

主に出産中に、こんな旦那いらねえ!!!って思って決めました。

詳細はまた別記事に書きたいと思います。笑

まあ主に金銭面ですよねやっぱり。

子どもと二人の方が遥かに楽になるって、どう考えても。

一応、その辺のバックアップ体制をあてにして。

そして若かったので何せ。再出発は早い方が良いと。

離婚に関しての判断は、ずば抜けてドライになれた人間です。

産んじゃったら、母ちゃんは強い

で、あっさり離婚を決めてもう突っ走って無心になって手続きを済ませました。

色々考えてたら、おかしくなっちゃうくらいメンタルにくるんですよね、実際は。

だから、考えるな!!とにかく動け。って感じですべて終わらせました。

で、考えたわけです。

食っていかねば。と。

そこで、手に職や!!!て事で色々情報収集していたところ、

高等技能なんちゃら・・←覚えとけ。って制度がありまして。

要するに、シンママさん(多分所得制限あったはず)決められた資格(看護師や保育士)を取得する際に学費を援助しますよ!って制度です。

これ見て決めました。

私、看護師になる!!!!

結論から言いますと、看護師になって約10年。看護師資格最強

特にシンママさんには最強資格なんじゃ無いでしょうか。

もちろん、看護学校はすっっっっごく大変でした。

今は看護も大学で学ぶ時代ですので、もっと大変かも・・

それでも、シングルマザーが一人で子どもを育てつつ、自分の趣味とかも楽しめる。どんな時でも安定職と言ったら看護師でしょう。

ほら、最近コロナ問題だったわけですが。

全く家計に影響なし。もちろん医療や介護の現場での感染って事での影響はありますが

本当に良い資格だなと再認識しました。

できるなら、まず強い資格の取得!!これは本当お勧めです。

私は今、他にもやりたいことがあって、webデザインの勉強をしたり他の趣味にも没頭したりしていますが、ちゃんとベースに食いっぱぐれない職があるからできているという現状です。

ここから、少し看護師の比重を下げて行こうかなって感じでやっています。

だから一人で生きると決めたらまず、食いっぱぐれない方法です。

  • シンママが活用できる制度をフル活用(役所やハローワーク)
  • 実家フル活用
  • 後々自由に生きたいなら社会的に強めな資格があると最高

ここをおさえてまず、ぶち抜く強さです。笑

決めたらとことん。私は死ぬ気で勉強しました。

次は、勉強方法について書こうかなと思います。

看護師になる
スポンサーリンク
シェアする
アラフォーシングルマザーで看護師で自由人な生き方ブログ。
タイトルとURLをコピーしました